• @JAM EXPO
  • 8.25.2017

明日の開催にあたり

@JAM EXPO 2017、いよいよ明日開催の運びとなりました。

@JAM EXPOをはじめて、今年で4回目を迎えます。
例年、8月末に開催してきましたが、昨年は会場の関係で9月開催だったこともあり準備に13カ月掛けられたものの、今年は11カ月しかなく、かなり慌ただしくなってしまいました。

他方、この夏の関東地方は記録的に雨の多い8月となりました。
そのため屋内でのフェスながら、ずっと天気を心配していましたが、ここに来てようやく夏らしさを取り戻してくれ、土曜日は多少雨もあるようですが暑い週末になるとのことで少し安心しています。


さて、今年の@JAM EXPO。
昨今のイベント過多な状況もあり、オムニバスイベントに少し陰りが見えてきたこと。また、これまで@JAMシリーズと共に歩んできた、でんぱ組.incの活動がお休みとのことで「どのようなフェスを目指すか?」ということをテーマにしてきました。
TIFでは、指原さんをチェアマンに迎え、結果全方位のアイドルが出演し、お世辞でもなく本当に素晴らしい、世界一のアイドルフェスだと思いました。

そんな中、「@JAMに出来ること」「僕に出来ることは何なのか?」を考えたとき、@JAMの持ち味である年間20本のシリーズライブから得た出演者との関係性を大事にしたものにしようと考えました。
そこから出たテーマが「コラボと復活」だったのです。
ごくごく単純な発想ですが、今日まで進めてきてあらためて、これまでのお付き合いがあって実現出来るものと思いました。

そもそも、このフェスにはメディア等の大きなバックボーンもなく、正直ご出演頂く皆さんへ然したるメリットもありません。
ただ、そんなイベントを8年にわたり手作りながら丁寧に紡いできたことで少しずつ築けたものと思っています。
今回のコラボや復活企画に賛同頂いた皆さんは、本当に感謝しかないです。

本来なら出演頂けるだけでも有り難いのに、忙しいなかリハーサルに時間を割いて頂いたおよそ50組のグループ、そしてさまざまな想いや賛否もあるだろうなか「やりましょうよ!」と言ってくれた3組の復活グループ、すべての皆さんへ感謝と共に恩返しできる時がきました。
ここまで皆で準備してきたものを、あとはお客さまにご覧いただき、そして満足いただけるよう、2日目グランドフィナーレが終わる最後の最後まで頑張りたいと思います。



いよいよ明日。

夏の終わりのアイドルフェスとして、アイドル横丁、六本木アイドルフェスティバル、そしてTOKYO IDOL FESUTIVALから受けとったバトンをゴールに運べるよう、
そして自身のフェスだけでなく、このシーン全体を盛り上げられるよう、精一杯頑張りたいと思います。


今年は過去最大の総勢191組、トークゲストを含めると200組を超えるグループが参加します。
その全出演者とスタッフ一同にて、皆さんの御来場を心よりお待ちしております。


2017年、夏のおわり、最高の時間を共有しましょう!

どうぞよろしくお願いします。



@JAM 総合プロデューサー 橋元恵一